わざわざ直してもらわなくてもよいというのが買取店側の本音

買取店側としてはわざわざオーナーにやってもらわなくてもよいというのが本音なのかもしれません。

中古車査定の時には少しでもいい評価になればいいと思うのが人情というものですが、どうすれば中古車査定時に少しでも査定額が上がるのかについてポイントをまとめてみましょう。

世の中には、ちょっとしたことで金銭的に得をするということが多く溢れています。

例えば、店主と仲よくなっておけば、いくらか値段をまけてくれることがあります。

店主と仲よくない人と比べてお得ですし、ポイントカードなどにポイントが溜まる場合、レジでカードを出す人と出さない人の間には雲泥の差が生まれるわけです。

ただ、どうすれば得なのかと、ずっと考えている時間も無駄です。

インターネットや書籍などで勉強するのも結構な労力がかかります。

この記事を読む時間も確かに必要ですが、数分で読み終わります。

数分をかけて、中古車査定時に金額が少しでも上がるなら、その数分の価値は大きなものでしょう。

では、車のキズや汚れからみていきましょう。

もちろん、キズや汚れのない中古車のほうが高く売れます。

掃除して取り除けるような汚れなら、取っておいたほうが賢明でしょう。

洗車してから査定に出せばよいということです。

キズの場合も、自分で簡単に補修できそうなキズなら直しておくほうがよいでしょう。

ホームセンターなどで、キズ補修用のスプレーなどが売られているかもしれません。

但し、それを使うことで、キズや見た目が悪化すると逆効果です。

不安な人は、余計なことをせず、現状のままで査定に出した方が良いかもしれません。

逆に腕に覚えのある方にとっては、査定は補修の腕を振るういいチャンスになることでしょう。

中古車を買い取った業者は、売る時に自社工場や付き合いのある修理工場で格安にキズの補修をすることができます。

買取店側としてはわざわざオーナーにやってもらわなくてもよいというのが本音なのかもしれません。

補修代が査定金額から引かれる場合もあるでしょうが、業者はユーザーが自分で直すより安くできるので、思ったよりその減額幅は大きくならないのが通常です。


このページの先頭へ