「いくらぐらいで考えていますか」は買取のプロの常套手段

中古車査定の金額を少しでも上げるために担当者と交渉することは重要なことです。

言われるがまま契約書にサインしてしまっては、積極的な中古車査定とは言えないでしょう。

最初に提示された査定金額が、買取り側の限界の金額であるということはほとんどありません。

様子見といったところで、金額を提示してきます。

それで納得してしまえば、業者側の思うツボなのです。

ここで、オンライン一括サイトの出番です。

この車種では、他社ではこの査定金額でしたと、交渉の材料にすることができます。

あまり突っ込んで値段の話ばかりするのは躊躇われるという人もいるかも知れません。

しかし、正しい金額で車を手放すということは、今まで乗ってきた愛車としっかり向き合っているということと同義なのです。

また、プロの査定士がいるということは、機械的に何らかのデータに基づいて中古車査定が行われているわけではないとも言えるでしょう。

機械で出てきた結果に文句を言うのは難しいですが、査定士が自分の経験から出した数字には、交渉できる余地が残っていると考えることもできます。

また、業者のほうから希望額を聞かれたときは、敢えて具体的には言わないか、ありえないほど大きな金額をいうことも秘訣です。

「いくらぐらいで考えていますか」というのは車に限らず買取のプロの常套手段です。

相場より低ければその金額をベースにされますし、逆に高ければ「それはちょっと無理ですね」と一蹴されるだけです。

自分で金額のベースを作ってしまうことは得策ではありません。

本当は30万出せるのに、ユーザーが20万と先に言ってしまえば、それを基準に話を進められて不利になります。

買ったときと同じかそれ以上の金額で販売するつもりで、愛車の価値と、しっかり向き合ってみましょう。


このページの先頭へ