査定前に無理して車検を通す必要はない

中古車の査定の時に悩んでしまうことのひとつとして車検の問題があります。

車検を通すべきか、通さない方がお得なのかという点が悩ましいのです。

結論から言えば、無理して車検を通す必要はないということです。

これは、キズや汚れの項目でもお話したように、一般の人が車検を通すより、中古車買取り業者が専門のルートで車検を行ったほうが安くつくということです。

一般人と違って、買取り業者側にとっては車検を通すことなどたいした費用のかかることではありません。

中古車査定を受ける前に、利用者が例えば20万使って車検をしたとしても、業者が10万で査定に出せたとしたら、査定の金額でマイナスされるのは10万ですから、実質10万分得したことになります。

これは極端な例ですから状況によって色々変わってはきますが、無理して車検を通す必要がないという点だけは覚えておきましょう。

自分が中古車を売りたいと思ったタイミングが、最もよいタイミングです。

世の中のほとんどのことは運とタイミングでできています。

車検が長く残っていればいるほど、もちろん査定金額は上がりますが、車検のタイミングを考えるあまり、好きなタイミングで車が売却できなくなるのはナンセンスです。

ただ、友人に業界の関係者がいる場合などは、利用者でも、安く車検を通すことが出来るかもしれません。

車検の金額と査定の金額を合わせて、結果的に、どのような金額が出てくるのかは、あらかじめ担当者に、車検がどのくらい残っていたらいくらなのかと、確認しておくのも良いかもしれません。

車を売ることも、お金をいただくことも、大切なことです。

きちんと進めていきましょう。


このページの先頭へ